犬の上手なしつけ!ワン子のための相談室 BY.ネネコヴァージョン

カテゴリ:しつけ全般( 17 )

私の方向性

こんにちは、ご無沙汰しております、ねねこです。
いつも、こちらのブログを蔑ろにしいてるつもりはないのですが
ただ、日々の日常の雑記をこちらに書くことは、私のポリシーというかそんな感じのものに反する感じがして。。。
よい情報があったときや、質問があったときに、更新していこうと思うと、なかなか
上手くいかないもので。
 
今日は新聞の記事から抜粋した、
 
『愛犬の困った癖相談、普及これから』
 
というテーマを見つけましたので、そちらから。
 
先日古新聞を片していた父が『これを(ブログに)取り上げてみてはどうか』と
父がそう言っていたと、母から手渡されました。
それを、私にとっておいてくれたそうです。
 
内容は、要約すると。
 
問題行動をする愛犬を、しつけ相談や、しつけレッスン、訓練などの見地からではなく
『行動問題カウンセリング』、いわゆる『犬の精神科医』として、問題行動を起こす犬を『しつけ直す』のではなく、飼い主と犬との関係から、その問題行動を起こす『原因を突き止める』お仕事をしている方たちがいるとのことでした。
そこは、犬の訓練所でもなく、しつけ教室の場でもない。
大学の研究室(大学病院)の内部の話でした。
 
今回のこの話は大学の話でしたが、しかし、全国でも、まだまだこのようなカウンセリングの出来る獣医師は、まだ20名ほどしかいないということです。
ですが、大学病院でないところにも、このような診療をなさってくださる先生もいらっしゃることが、私はとても嬉しかったです。
 
なぜって?
 
私の目指している『わんこのための相談室』そのものが、この大学で行っている行為そのもの!
だったのです!!!
わんこの問題行動って、理由がなければ、絶対にしないのです。
だから、わんこがなぜ、どうして、こんなことをするのか?!
そのことを踏まえた、しつけ、訓練が、そのわんこには必要なのであり、
今、現在の日本(の大半の訓練所)で行われている、預かり訓練や、訓練士さんに御願いして、訓練入れてもらって、仕上がったら引き取るみたいな、他人任せの犬の育て方、私は自分が訓練士(ドッグトレーナー)&トリマーと言う立場であるにもかかわらず、その方針がとてもイヤでイヤで、たまりませんでした。
嫌がる犬に、無理矢理トリミングしたり、訓練したり。。。
いつも、いつも、抱いていた、矛盾でした。
 
今の日本で、私の考え方は(犬業者たちの中では)異端と思われていた部分がとてもあり、そして、とても嫌がられていました。
そんな時間のかかるやりかた(トリミングにしろ、トレーニングにしろ)していたら、一日に数こなせないから利益にならない&そんなんじゃ一向に早くできやしない、と。
 
確かに、数こなす云々で考えたらば、効率は悪いかもしれません。
むしろ、時間ばかりかかって、ともすると、一日の成果も見えてこないかもしれないです、利益的には最悪と言っていいでしょう。

ですが、いぬだって生きて、考えて、理由があって、行動しているんですよ?!

最初に無理強いさせてしまったら、次回は、そのことを強く覚えていて、嫌なことって犬はよく憶えているから特に、次回のときに、何もやらせてくれなかったり、果ては、手を出しただけで、本気咬みしてきてしまったり(問題行動が追加されてしまいます≧_≦)
以前、このお仕事をフリーでしていなかったときには、そんなことしょっちゅうでした。

でも、あるとき、犬との接し方を私の思うまま(時間がかかっても、そのこにあわせてわがまま聞くわけではなく、上手く気持ちを持って言ってやってあげる)やるようになってからは、ほとんど、そういうワンこさんの方からのトラブルはなくなりました。
そのやり方に変えてからは、犬たちも、我慢してトリミングをしてくれるようになったのです!
時間はかかりましたが、回数重ねるごとに、我慢も覚えていってくれたのでした!
 
だから、何が言いたいかって。。。^^;
 
これを読んでくださっている、愛犬家の皆さんに、言いたいです。
 
犬にも、気持ちがあって、理由があって、いろいろなことをします。
その理由がナンなのか、今一度、自分が犬の気持ちになって、考えてあげてください。
理由もわからずに、ただ単に」、叱ったり、怒鳴ったり
挙句の果てに、ぶったたいたり。。。
そうして言うことを聞かせるのは、そりゃ簡単です。
犬に自分に逆らったら恐いと『恐怖=服従』と教えるだけですから。
でも、それでは、本来の問題行動の解決には何一つならないのだということを、理解してください。
犬が何かをするときには、まず、人間側にも原因があるということを、知っていただきたいです。
それから、そのわんこに合わせた(わがままを聞くという『合わせる』ではありません!)しつけ&訓練をしていってあげてください。
そして、必ず、飼い主さん、本人が、その子のリーダーとなって、きちっと、応対していってあげてください。
もし、原因がわからないときがきたら、そのときこそ、プロに相談するのが、一番いいでしょう!
そして、プロ任せではなく、自分が率先して、必ず、自分のうちのわんこを導いてあげてください!!!
 
そうすれば、きっと、もっと
自分のうちのわんこと、もっともっと、今まで以上に、相互理解が深まるはずですから。。。
 
そして、
ねねこは、こういうカウンセリング的な、しつけ&トレーニング&トリミングを
これからも、念頭において、お仕事して行きたい、と、思います。
 
はっ?!
また、えらそうなこと言ってしまった~~~~~≧_≦
でもね、このあいだ、ちょっと近所に出入りしている同業者(訓練士)の最悪な話を聞いてしまって、ちょっとこれはココで書かなきゃいけないと、強く思ってしまったので、テンション高~~~くやっちゃいました^^;
まだまだ日本には、『最悪だめだめ訓練士』さんがいっぱいいるんだなって、日本って犬をペット(家畜)と思っている方が、コンパニオンアニマル、いわゆるパートナードッグ的な考え方をしていない方が同業者の中にもたくさんいるのかなって、ちょっと悲しくなってしまいました。
そういう方こそ、わんこの気持ちを考えて、お仕事して欲しいです、本当に。。。
 
もう、これ以上書いていたら、またとんでもないこと言い出しかねないので、今日はこの辺で終わりたいと思います。
 
ではでは^^
[PR]
by nenekochannel | 2005-11-27 23:21 | しつけ全般

バーン大作戦 Lesson 1

人気blogランキング参加してます^^


大変長らくお待たせいたしました^^
ここのところの忙しさと、テンションの低さから、更新から逃げていたねねこですが
今日、お友達の方から

ねねこさん、いったいいつになったら、バーン講座やるの?うちの子に教えたいんだけど、今、聞いてもいいんだけれど、やっぱり、ねねこさんのブログで、読んで勉強したいから、更新まだかしらって、もうずっと思っていたの!!いつも忙しいのわかるけど、そろそろ、どう?
 
うぅ・・・
ごめんなさい;。;
 
としか、ねねこは言えませんでした。。。
 
ねねこ、テンションダウンしちゃうと、全然まったくこれっぽっちも書けないので、ゆっくり、テンション回復をしておりました^^;
 
と、まあ、そんなことはおいといて(『そんなこと』でもないいんだけれどね^^;)
 
皆様からご高評いただきました

『バーン大作戦』

皆さんも、ぜひとも、うちの子に教えてみたい、とのご意見が、ネット&リアルともに、お問い合わせがありまして、
このたびの、講義となりました^^
 
まず、初めに、『どうしたら出来るようになるのか!!!』
っと言うことですが、
 
種明かしをすると、アレは、実は、ひとつの指示語の中に、複数の指示語が入っています。
その、複数の指示語を、ひとつのものとして認識するように、教えて言ってあげれば自然と

バーン=倒れる

に、なる、という仕組みとなっています。
 
『バーン』の中には、6つの単語があって、その連続動作となっています。
 
1.スワレ
2.マテ
3.フセ
4.ヤスメ
5.ネロ
6.マテ
 
この順に指示を出して、言葉に反応してすぐに動けるように、訓練していきます。
そして、順番を憶えたところで、この動作をしている最中に、『バーン』といって、指導主が右手をピストルのかたちにして、徐々に、その言葉と、動きをリンクさせてやるようにします。
そうすると。。。

この手が出て、『バーン』って言ったら、さっきの順番に動かなくてはならない
 
図式が、ワンコの頭の中に、自然と出来てくるようになります。
 
これが、今回の、『バーン大作戦』の、大まかな流れです。
 
今日は、こんな感じで、大まかな、流れをつかんでいただければ、いいかな。。。なんて。
次回は、どうやって、この単語を上手くつなげていくかを講義していきます^^
 
ではでは!
[PR]
by nenekochannel | 2005-10-01 21:59 | しつけ全般

ねねこの訓練、実践編≧_≦

人気blogランキング参加中です^^



こんばんは、ねねこです^^
このあいだ、lifestyle7さんのところへ遊びに行きました^^
そうしたら。。。

ファニ子まま「ねねこちゃん。『合同訓練』アップしてみない?」

とのお誘いが^^
ねねこは二つ返事で承諾し、ファニ子ちゃんとうちのウルフとを交えて、早速、訓練相談会^^
二人が一緒に出来るモノは何かと、あれやこれや相談し、
そして今回の
『バーン・バーン大作戦』
と、なったのです≧∀≦
 
指示を出している私が言うのもなんですが。。。
プププププっ≧∇≦
わ、笑えるデスよ~~~~!!
何でかって・・・?
 
それは、lifestyle7サンのところのブログを見てのお楽しみです≧▽≦

lifestyle7さんのファニーちゃんとウルフの『バーン・バーンMOVIE』はこちらから^^
 
ということで、皆さんも見て、大いに笑ってやってくださいませ^^
 
ではでは!!
[PR]
by nenekochannel | 2005-09-12 23:55 | しつけ全般

皆さんも、ご注意を!!≧_≦

こんばんは、ねねこです。
 
今日、本業のトリミングのお仕事を終えて帰宅して
ネットのニュース覧を今見てビックリ!!
 
埼玉のわんちゃんの中からエキノコックスというイヌ科に寄生する寄生虫が発見されたとのこと!!
 
普段、普通の生活をしているわんこでは、(今の日本の北海道以外では)まず、考えられない寄生虫が、普通の家庭犬から発見されるというのは、一大事です≧_≦
 
この寄生虫は、イヌ科の生物に寄生して、野生なら、日本国内ならキタキツネとか。。。?なんかにいたりするのですが、今回は家庭犬から発見した、ということはつまり、感染源が、特定できないということで。。。
 
今回の記事によると、北海道で、飼育していたものを打ち捨てたのでは・・・?といっていますが、それはまず、ないのではないかと、私は思います。
 
そうではなく、一緒に北海道などに旅行したわんこが、エキノコックスに寄生されて帰宅し、知らないまま過ごしたのではないか。。。なんて思うわけです。

 
いつ、自分のわんこがエキノコックスに汚染されるかわからない危惧を伴うということです!!
 
そしてそれは、人畜感染症である、エキノコックスなのですから、いつ私たちに汚染されてしまうかわからない危惧をも伴う危険性を孕んでいます。 
 
以下、エキノコックスの関連記事です。


エキノコックスに関する記事

 
皆さんも、旅行の際は、細心の注意をして、決して拾い食い等させないようにしましょう!!
 
ではでは!
[PR]
by nenekochannel | 2005-09-08 21:26 | しつけ全般

生涯勉強です!!

今日は某日記と同一内容です!!
重複してスイマセン;。;

昨日、今日と本業の(今回はトリミング)お仕事をしました。

そちらのお客様は、3頭、わんこを飼っていて。

本来なら一日で全部のワンコさんたちをトリミングして差し上げた方が良かったのですが

お客様と、ねねこの都合により、

一日一頭、計、3日かけて、本日ようやく終了いたしました。

そのときに、お客様とお話いていた中で、

わんこの外耳炎について。

 

ねねこは、治療の方法は知っていたのですが、その疾患について、詳しくは存じ上げてはいませんでした。

そういう細かい知識みたいなものが(治療法は熟知しているのに)抜け落ちている自分を、今日はかなり反省してしまった、一日でした。

 

お客様にご指摘いただきましたので、早速、みんなの知恵袋、インターネットで検索し、

今先ほど、勉強して来ました。

 

外耳炎の種類は、確かに何種類もありますし、その症状によって治療法もさまざま・・・。

治療法だけ知っていても、具体的に、これはなんで、どういうもので、どうすればよいのかということを、

お客様の前で今までやってきていたつもりでしたが、今日、改めて、まだまだ、勉強していくことが山ほどあるなと、自覚いたしました。

皆さんも、外耳炎には、気をつけましょう^^
ではでは^^
[PR]
by nenekochannel | 2005-09-02 21:07 | しつけ全般

突発的に降る雨

こんにちは、ねねこです^^

最近、関東地方では雷を伴う雨『雷雨』が、頻繁に起こります。
あらかじめ予期していた雨ならば、対処も速やかに行くのですが
特に、いつもレインコート必須のウルちゃんには、最近の天気は、すこぶるかわいそうで、いろいろな意味で。。。
 
あのこは、雨降り自体嫌いだというのに
ましてや『雷雨』ともなれば、あの、雷の轟音、激しい雨、そして、部屋中いっぱいに広がるむあっとした空気。。。
 
あの子がうちに来たのは、やはり夏の暑い時期で。
まだ、1歳になるかならないかという、やんちゃな盛り。
人間で言えば、そうですね、思春期?くらいの、いろいろなことに対して敏感に反応する時期に彼はうちに来ました。
 
あの子は昔の会社の上司の方が飼っていらしたのですが、理由があって、飼育困難になってしまい、私が『引き取ります』という事になりました。

今でも、鮮明に覚えているのは、うちに置いていかれた後に、ずっと泣き続けて、精神的にかなり参ってしまったのでしょう、おなかをすごく壊してしまって、食事も一切咽喉を通らず、ただただ私の顔を見つめては、『いつおうちに帰してくれるの?』と、懇願する眼差しを向けている・・・そんなウルフの切ない表情。
当初は、庭で放し飼いに飼育しており(その頃は今の住まいではないところに私はいました)ウルのために、新しい木の犬小屋や、その他もろもろ、用意してあげたのですが
来てすぐ3日後には、庭から脱走して・・・(すぐに(1時間後?)近くの公園で発見しました^^)
よほど、前の飼い主さんが恋しかったのでしょう。。。
見つけたときには、本当に、人間の子供ならば、かなりの泣き顔になっていたのではないかというくらいに憔悴しきって
僅かな時間、離れていただけだというのに、こんなに疲れきっていて。。。
私と離れていた時間は僅かな時間でも、前の飼い主さんとは、今までにないようなすごい時間、離れているわけで。だから、きっとこんなに疲れきってしまったのだろうなと思うと、とても胸が痛くなり、思わず涙がこみ上げてきた。。。
 
そんな夏でした。

ちょうどその頃、やはり集中豪雨『雷雨』がかなり頻繁に発生した年で
そのこととフラッシュバックするのか(どうかはわからないですが)
ただ単に、雷の音が大きいから怖いだけなのか

とにかく、ウルフは雷は、大嫌いです。
もう、病気といっていいほどに、発作でも起こしたかのように、普通ではなくなります。
恐怖のあまり、震えがとまらず、緊張のあまり、息がはあはあし通しで。
抱きしめてあげると幾分かは和らぐようですが、それも、気休めくらいにしかならないので、本当にこの季節は、ウルフにとって、いろいろな意味でたまらない季節なのだと、ウルフがうちに来て、8年、毎年、そう、思います。
 
あ、そういえば、雨上がり(そのときは、まだ小雨が降っていました)にウルフを実家から連れてかえろうとした時に
予期せぬ雨でしたのでちょうどレインコートを持っていなくて

しかたなく。。。
 
                              ↓
c0062954_5314184.jpg

こんなに情けない顔しながら、つれて帰った事がありました^^;
本人も、かなりイヤだった様ですが、でも、濡れるのと、かっこ悪いのとをはかりにかけて、かっこ悪いほうを取ったのはウルフなので(そこまでしても、濡れるのを嫌がるから^^;)
一応本人合意の下に、これ着せています^^;
c0062954_5335596.jpg

だけれど、こうもぴったりとゴミ袋がはまるサイズだったとはーー;
いいんだか、悪いんだか。。。
せっかくだから、もう一枚。。。
c0062954_536430.jpg

ウルフ「僕だって、好きで着てるんじゃないんだもん≧_≦」
ねねこ「そうだよね、突発的に降る、雨が悪いよね^^;」
 
そんな、情けない顔をしているウルフですが、どうぞ見てやってくださいまし^^
[PR]
by nenekochannel | 2005-08-16 05:38 | しつけ全般

おいしいものは、僕も一緒に食べたいの!!BY.小次郎君

さて、今日は昨日の続きということで、(でも、お散歩編ではないです^^)

本日は

『人間のお食事の時間に、上手にワンコを待たせる方法』

こちらを考えて生きましょう。

まず、思い出していただきたいことが。
前回の講義で服従訓練についてお話したと思いますが、今回の上手に待たせる・・・ということは、つまり、『マテ』の訓練に入っているということです。
『マテ』は、一度覚えてしまったら、これほど重宝する訓練内容はないと、ねねこは思います。
何故かって?!
例えば、お散歩の途中で、買い物したい時に、『マテ』と、一声かけておけば(ねねこは自転車引きをしているので)サドルにリードを引っ掛けておくだけでらくらく買い物にいけてしまうし
例えば、ペットホテルや、トリミングに出したり、他の人にワンコを預けたりのする時、どうしても、ケージの中で待たせておかなければならない時に、一言、待っててね(ウルフにはそれで通じてしまう)といっておけば、何時間でも、何日でも待ててしまうし。(お留守番などにも応用が効きます)
もし、リードが手から離れてしまったときに、待てと声をかければ、止まりますし。

これほど役に立つ訓練はないと・・・。

確かに、『スワレ』や『フセ』も大事ですが、『マテ』が出来れば、応用が、いろいろなところに利くのです。この訓練だけは、どんな訓練よりも、覚えておいて損はないでしょう!!

さて、今回も、ご依頼主は、『愛犬小次郎中心的生活日記』のkisachikoさんと小次郎君です。

ご依頼内容は、人間の食事時に、人間のものを欲しがるし、待っていられない・・・。そして、自分の食餌を食べないとのこと。どうすれば、人間の食事よりも、自分の餌を食べるようになるのか・・・。

まず、人間の食事時間は、小次郎君より、先に。小次郎君が、食餌がなくてダダこねてきたら、『イケナイ』と、最初に強く言い聞かせます。それでもまだ人間のものを欲しがってきても、今度は、完全に無視してください。小次郎君がかまってきて欲しそうにしても、絶対にかまってはいけません。そうすることによって、どちらがリーダーなのか、はっきりと教えていかなくてはいけません。でないと、いつまでも、人間側が小次郎君のために、別の部屋で隠れて食事しなくてはならない事態になってしまいます。これでは、どちらがリーダーなのかわかりません。
必ず人間の後に、小次郎君の食餌を始めてください。こうすることによって、小次郎君は、自分が人間よりも下に位置するのだということを覚えて行きます。自然界(オオカミの世界)では、まず、リーダーが食べ、その残りをあとの群れのものたちが食べていくというシステムをとっています。何事にも、リーダーが率先してやっています。小次郎君には、当たり前ですが、犬の仲間の『群れ』は存在しません。あるのは、パパさんとママさん。でも、パパさんとママさんは、小次郎君にしてみれば立派な『群れ』の一員であり、仲間であり、家族なのです。

人間が食べた後に、小次郎君に食餌を与えます。
そうですね、最初のうちは、少し、おいしいものをあげていきましょう・・・
そして、

パパとママの食事の後にもらうごはんはいつもよりおいしいものがくるかも?!

と、思わせていきましょう。
そうすれば、期待いっぱいで、食餌の時間が待ち遠しくなるはず?!
あとは、カリカリのドライのまま食べているのでしたら、少しふやかして(硬い食餌がイヤなのかもしれません)缶詰を少し混ぜて、おいしそうに食餌を作ってあげてみるなど、フード自体を工夫してみるのもよいでしょう。そうすれば、食いしん坊の小次郎君のことですから、すぐに人間の食事時間の『マテ』も覚えられるようになるのでは?!

これと同時に、『マテ』の訓練(食事の時間にやるだけではなく)もお散歩の訓練時に少しずつ始めていけば、よりいっそう覚えられていくことでしょう。

『マテ』の』訓練は、はじめは10数えるくらいの時間から、少しずつ待てる数を増やしていきます。これも、他の訓練同様に、長い時間やるのではなく、短い時間の訓練を、一日数回に分けて行うとよいでしょう。


では、本日の講義
『人間のお食事の時間に、上手にワンコを待たせる方法』
終わりますm(_ _)m



今回ご依頼いただいたkisachikoさんのブログ『愛犬小次郎中心的生活日記』はこちらから!



人気ブログランキング参加中!お役に立ったと思った人は、ここをぽちっとおしてね☆
[PR]
by nenekochannel | 2005-04-12 23:52 | しつけ全般