犬の上手なしつけ!ワン子のための相談室 BY.ネネコヴァージョン

勉強させていただきました。

人気ブログランキング参加中!人気blogランキング
ネネコのホームページも見てね☆ 
DOG-R-ROOM

ご無沙汰しております、ネネコです。
 
ここのところ体調があまりよくなかったため、ブログ更新を控えてしまいました。
とりあえずだいぶん回復してきましたので、久々の更新となります。
 
ご心配&ご迷惑をお掛けしてしまった皆様、大変申し訳ありませんでした。




体調が優れなかったり、忙しいかったりと、この二ヶ月いろいろあったわけなのですが。
実は、体調を気にしながらも度々に勉強する機会に恵まれ、先日は後輩と一緒に勉強会に、今日は、たまたま某国営放送で盲導犬の訓練士のドキュメントを見ました。
本来ならば夜更かししてTVを見ている時間が有るのならば身体を休めなければならない身の上なのですが、今回は、具合の悪さを忘れるほどに、見入ってしまったのです。
見ているだけじゃ本当は勉強にならないかもしれませんが、彼の仕事に対する姿勢や、犬への指導方針、生徒への指導方法などは、これからの私がもっとたくさん経験して行くであろう事であると同時に、他の訓練士の方はどういう指導を生徒(後輩)にしているのかなどを知るには、丁度よい機会であったため、録画していたにもかかわらず、寝るのを忘れて見入ってしまいました。
 
その方は、なぜか私と同じことを言っていました。
 
犬語で話そう!
犬の出来るところ、理解できるところから教えてあげれば良いんだよ。
 
え?!
私が後輩やお客さんに言っている台詞じゃないですか?!

いつも私が犬に対して思っていることで、トリミングでも、訓練でも、犬に理解らないことは、犬にわかるように教えてあげるようにいつも努力して、その犬が何が一番嬉しいことなのかこっちがまず理解してあげて、そこから犬と話すことって始まるんだっていつも思っていて。

犬にとって嬉しいことって、その犬その犬で違うし、それがわかってきて、そこから訓練は始まるんだよっていつも思っていて。

でも、それって、その犬と、何回も何回も一緒に歩いたり走ったり遊んだりしなきゃわからないことだったり、何が苦手で、何が好きかなんて、一回会ったらわかるなんて思うのは、かなりおこがましい事で。
そんな一回やそこらであったくらいでその犬のことが全部わかっちゃったら、今まで何年も一緒にいた飼い主さんは、じゃあいったいなんなんだってことになってしまう。
 
私は、もう何年も犬の仕事をしているけれど、だからってすべてがすべて全部わかるわけじゃないし、一頭一頭の性格の違いやクセや、それを踏まえたうえでのいろいろな指導が始まる。
 
今回実はトリミングで新しいお客様が入ってのだけれど、最初会った時にはばっちり服従した方が良いのかなって思ったほどに、咬み付き方があまりにも、あまりにもすごかった。
これじゃトリミングできないなって、確かに思った、普通のトリマーさんじゃね。
 
以前にも書いたけれど、咬み付きだからって言うのは、断る理由にはならないって、書いたはず。
咬み付くにはそれ相応の理由があって、そこを正してあげれば、我慢は出来る。

というか、ここまで咬み付きにしてしまったトリマーが、正直、憎い。
そうしてしまったトリマーに、問いたい。

そこまであの子に恐怖感を与え、何がしたかったの!!!
あなたはこの子の何を見てトリミングしていたんですか?!
 
と。
 
私がトリミングしてみて思ったのは、この子に必要なのは訓練じゃなくって、トリミングっていうものは、何をすることなのか、痛いのか、痛くないのか、嫌な事なのか、なんなのか、それを一から教えてあげることなのだと悟った。
しかも、犬語で。
 
その子は、私がトリミングするのに抱き上げただけで、恐怖で叫び声をあげました。
あの声は、私は一生忘れはしないでしょう、あの悲痛の叫び声を。。。
その声を聞いた途端に、私は涙が溢れて、そのこを抱きしめた。それも力いっぱいに。
そうして謝った。

ごめん、ごめんな、今まで虐めてごめんな、こんなに恐かったんだな、これからは恐くないんだぞ、一緒にがんばっていこうな!!!

その犬に、そう誓いを立てて、そのこのトリミングの第一回目を始めたのが、つい先月。
 
もう一度、今までそのこをやっていたトリマーに、問いたい、そして、言いたい。
 
どうして、あそこまで虐めて、あなたはその犬の何を見てトリミングをしていたのですか?!犬を虐めながらやるトリミングは楽しいですか?!
咬むからって断るわけでしょう?
じゃあ、なんで咬むのか、どうして考えてあげないんですか?!
鋏に咬み付くとか、顔を切れないとか、じゃあ、なんでそうなってしまったのか、理由を考えないんですか?!
トリマーに必要なのは、きれいに切るというだけじゃないよ!
なんでトリミングするのか、その本来の意味を考えて、トリミングをやっていただきたい!
 
と、今日は久し振りの更新だったというのに、勉強した所為か、心がアツクなりすぎてしまった。

犬には気持ちがあって、理由があって、行動をするんです。
犬にも言葉があって、気持ちがあって、理由が生じるんです。
 
それを考えながらじゃあないと、犬と一緒に前を向くことは出来ないと、いつも思うネネコなのでした。
 

ではでは!
c0062954_2592711.jpg

↑若かりし頃のウルフ↑
[PR]
<< おめでとうございます!!!!! 一緒にお祝いしました! >>