犬の上手なしつけ!ワン子のための相談室 BY.ネネコヴァージョン

明けましておめでとうございます!

人気ブログランキング参加中!人気blogランキング
ネネコのホームページも見てね☆ 
『DOG-R-ROOM』


明けましておめでとうございます、ネネコです!
 
昨年末は、年内自分が営業最後の日としていた日にご予約のお客様が居りまして、トリミングで、年内のお仕事を終えることが出来ました。
 





本当はHPにアップしようと思っていたのだけれど、とりあえずこちらで先にアップ!
また時間が出来たらHPの編集をして、改めてアップするつもりです~^^
 

こちらがビフォー
トリミングする前の状態です。
モデルは訓練でおなじみのアルトくん。
アルトくんはコッカーの通常のトリミングではなく、お客様の手入れの都合上、手入れのしやすいようにカットをしております。
下の写真は、前回のカットのトリミングより一ヶ月経過した状態です。
c0062954_16251656.jpg

c0062954_16253919.jpg

c0062954_16255587.jpg

一ヶ月の間に、一度シャンプーを入れておりますので、顔などの各所一ヶ月間の間にバリカンの入っている箇所もあります。
この状態から、『アメリカンコッカー、アルトくんヴァージョンネネコ風』に変身です。
 
あ、ちなみに、変身過程は、撮影班(ウルフ&ランラン)が、お昼寝のため、ありません。
本日はネネコ一人でやっておりますので、あしからず。

それでは、アフター、どうぞ!
以前は耳の飾り毛もお客様が触ることさえ困難で手入れが出来なかったので短くバリカンで剃っていましたが、訓練終了後はそのようなこともなくなりました。
やはりコッカーらしく見せるため、いろいろ試行錯誤の結果、コッカーのアウトラインを残しつつ、でも手入れしやすい形に、とのことで、耳はそのままコッカー本来のカットにすることにしました。(まだ、本来のカットになるほど伸びてはおりません)
c0062954_16321750.jpg

コッカーらしさを醸しだす為に、手足は裾広に。

コッカーの手入れで何が一番大変かといえば、もちろん被毛の管理に他なりません。
その被毛を、いかに美しく保つかがポイントです。
ですが、プロがドッグショーに出すような手入れは、素人の方が毎日行うのには、技術も時間もないもの。
なので、少しでもそれっぽく見せるにはどうしたらよいのか。。。
そして手入れを簡単にするには、どうしたらよいのか。。。
c0062954_16323698.jpg

あるお客様は、うちは運動をさせるほうに重点を置いているから、短くしてくださって結構と仰います。
また、あるお客様は、うちは自分で毎日手入れ致します、そちらにトリミングに出すまでの間、月に二回以上そちらにお願いいたしますので、本来のトリミングしてください、と、実に真摯にコッカーのカットに拘って私達にも勉強させてくださるお客様も居ります。
c0062954_1633020.jpg

こちらのお客様も、コッカーのカットをさせたい、でも、うちの子は、今までが今までだから、これ以上の無理強いをさせ、またトリミング嫌いが戻ってしまったら困る。。。
そんな飼い主さんの強い思いから出来上がったカット方法なのです。
 
本来のカットならば、身体全体が裾広になり、その歩様は、美しい被毛がまるでロングドレスを身に纏っているかのように優雅にエレガントに流れるように歩いていきます。
そのような手入れに近く見せるために、手足を裾広く、ですが手先足先は汚れを少なくするために、バリカンで剃り上げました。
でも、見てください。

あ、なんとなくコッカーっぽくない?!このカット!!!
スポーティにカットしてある、だけれど、コッカーでしょ?

な、イメージで見ていただくと、コッカーらしさが残っている分、この犬の犬種を判断する要素もあり、お客様や、そのほか、道をすれ違う知らない方にも

コッカーも、こうすると、なんか良いよね?

って、お声を頂戴することもあったりと、まずまずの御好評を頂いております。
c0062954_16331290.jpg

 
自分の飼っているコッカーの性格が変わってしまったという方の原因のひとつとして、トリミングを無理強いして性格が変わってしまった、ということも、少なくありません。
毎日の手入れから、日ごろの積み重ねから、時間も体力もお金も惜しまないで遣うことの出来る中から、本当の信頼関係や、本物のトリミングなどが生まれてくる。
それを、一時の気まぐれで、今日はトリミングする~で、その次が三ヵ月後とかで、それできれいにコッカーらしく作ってくださいなんて、出来っこないのです。

以前に読んだ雑誌の中で、コッカーのブリーダーさんは、こう言っていました。
 
手入れの出来ない人は、コッカーを飼わないで下さい。
コッカーの本来のよさ(性格&被毛)を、何も知らないで犬を壊してしまいますから。
私達は、もうそういう子を、一頭も見たくは無いのです。
もし、トリミングできないのでしたら、手入れのできる状態で飼ってあげて下さい。
そうすれば、コッカー本来の良さを十分に知り、末永くコッカーと付き合っていくことができるでしょう。
そう、それこそ一生の、ライフパートナーとして。。。
 
 
 
 
 
 
ということなのです。
トリミングで何もかも失うことって、本当にあるんです、アルトくんのように。。。
 
新年早々、コッカーのことで熱く語ってみた、ネネコなのでした。
 
本年も何卒宜しくお願いいたします!
 
ではでは~^^
[PR]
by nenekochannel | 2007-01-04 17:41 | トリミング
<< ウルフに叱られたんです(;。;) じんぐ~べ~、じんぐ~べ~<そのに> >>