犬の上手なしつけ!ワン子のための相談室 BY.ネネコヴァージョン

がんばれアルトくん!! その4

人気ブログランキング参加しています~☆



こんばんは、ねねこです(^-^)

アルトくんと、ねねこと、飼い主さんとの三人四脚でがんばっている
 
『がんばれアルトくん!!』

アルトくんの訓練は、思っていたよりもはるかに速いスピードで着実にアルトくんの成果となってきています。
やはり、やる気が出てきたり、ちょっとしたコツをアルトくん本人がつかんでくれるのが早かったから、今、ものすごい勢いで成長しているのでしょう(≧∀≦)
指導しているわたしも、本当に嬉しい限りです(^-^)
 
 
 




c0062954_22184450.jpg


アルトくん「ふぁ~з ねねこ先生、話し長いから今日は手短に行こうよ~」

ねねこ「う~~ん。。。そんなに簡単に語って出来るものじゃあ、ないんだけれどね(^-^;)」

アルトくんにご指摘いただいてしまったとおり、話(ブログの内容)が、長いんですよね(^-^;)
でも、手短に話して、それで出来るようになったら
 
ねねこ「訓練士さん、要らないんじゃ。。。?!いや、ちがう!ねねこっぽくないよ≧_≦ねねこ流は、長いのが基本だ~~~!!!」

と、いうことで、今日も『ねねこ流』にさくさく行きますね☆

前回ご紹介した『Stay(マテ、または停座)』は、訓練の中でも、もう、基本中の基本!
これさえ出来れば、いついかなる時も、『Stay(マテ)』で、なんにでも応用が出来るのです!!
例えば
 
○突然のお客様でインターホンがなったときに吠え声がやまない時も。。。
○一緒にお出かけして買い物している時にわんこを店内に連れて行けなくて、外で待たせなければならないときも。。。
○知らないわんことすれ違った時に、知らない人とすれ違った時に、もし興奮してしまったとしても。。。
 
すべては『Stay(マテ)!!』

この指示語を出してしまえば(訓練が進んでいくにつれて)
 
絶対にこの指示には従わなければならない!

そのようにわんこが考えて、絶対に従うようになっていくのです。

今は、退屈している様子を見せてはいますが、ひとたびここで指示語が出れば、生き生きとした表情で、指示を待ち望んでいる、訓練したがるいつものアルトくんの表情に戻ります。
 
では、アルトくんに指示語を出してみましょう!
 
ねねこ「アルト、『Take(持って来い)』」
アルトくん「はい!」
ねねこ「『Stay(まて)』、『Down(フセ)』」
アルトくん「はい、ねねこ先生!!」 
 
c0062954_2230151.jpg


と、こんなかんじに(^-^)

実は、前回の指導記録をトラックバックしていただきましたstream-navi 様より、ちょっとしたアドバイスを頂きました。
 
☆stream-navi 様ブログより抜粋☆
<前略>
訓練を受けている犬が僕が飼っていたこともあるアメリカンコッカースパニエルという猟犬だから、そう思えるのかガンドックの訓練と何も変わらないのである。
<中略>
猟犬DNAを持つ犬を都会で飼っている方は素質を活かした運動や訓練を遊びに取り入れて欲しいな!
 
 
ねねこ「!!!!!!  そうか、そうだよね!アメコは鳥猟犬でした!ねねこ、すっかり忘れていたよ(^-^;)お客様に言われたお悩み相談のことだけ考えて訓練入れてました」
 
アルトくん「そうだよ~僕、『ちょうりょうけん』って、やつだから、だから、鳥さんとか追いかけるの大好きだし、持ってくるのも上手だし、何回でも僕やってても飽きないんだよ~!ねねこ先生、僕のコトわかって今の訓練しているのかと思ってた。。。」
 
ねねこ「いやぁ、違うんだ、わかっていたって言うか、アルトくんの好きなこと、得意なことを伸ばして行ってあげていたら、この指導方法になっていたんだよね(^-^;)」
 
アルトくん「・・・・・(もう、分かってるのか分かってないのか、本当にワカラナイ先生だ。。。)」
 
と、言うことで、飼い主様の了解を得て、晴れて鳥猟犬の特質を生かした訓練指導をしていくことにこれからの訓練指導の方針が決りました!
 
でも、今までやっていたことがそうだったなんて、ね☆
 
そうして今回少し鳥猟犬の競技会&訓練をしているサイトを見つけましたので、興味のおありの方はぜひ!

GRTA(ガンドッグ・レトリーブ・トライアル・アソシエーションの略)

まずは、どんな競技で、どのような内容なのかを知るために、こちらのサイトで勉強させていただきました。(サイト内容を拝見させていただきました。実際に指導を受けたわけではありません)
そうして読み終えたねねこの思ったことは。。。
 
あ、あれ?今までアルトくんに指導していたことがちょっと高度になった内容なんだ。。。?!
じゃあ、がんばれば、これからもっと指導してあげれば、アルトくんも絶対にできるようになる!

これからの指導に、アルトくんにもねねこにも、また一歩前進していく励みが出来たのでした!
 
早速、競技会の初歩テストに出てくる『10m離れての停座及び呼招』を(今までも指導していましたが復習をかねて)本日もやりました。

『Stay』後、指導主が背中を向けて10m離れます。
        ↓
その後『Come(コイ)』させて、
        ↓
正面で『Sit(スワレ)』
        ↓
『Over side(まわれ・・・で、いいのかな?指導主の後ろを通らせる)』
        ↓
『Hear(スペルわかんない^-^; 日本語はツケまたはアトエ)』
 
コトバではなんですから、こちらの画像をご覧下さい(^-^)
 
c0062954_23255864.jpg

このあとに呼んで
c0062954_23263252.jpg

正面に座らせて
その後私の後ろを回らせて左側につけます。
ワンコは、指導主の左側につけるのが原則です。
アルトくん「ねねこ先生、僕、左側にいるよ☆」
ねねこ「じゃあ、見上げてるところ写真とっておこうね(^-^)」
c0062954_2338198.jpg

 
これをもっと進化したカタチにこれからは指導して行きます!
 
ねねこ「お互い、楽しみがまた増えてよかったね、アルトくん!」
アルトくん「うん!僕も今度のお勉強の日がもっと待ち遠しくなったよ☆」
 
今回の訓練の様子はここまで!
次回からは、ガンドッグトライアルの基礎の指導の様子も交えてお伝え出来たらな。。。と思います^-^
 
ではでは~^^
[PR]
by nenekochannel | 2006-04-16 23:50 | しつけ全般
<< 明日は雨降りだって。。。(;。;) がんばれアルトくん!! その3 >>