犬の上手なしつけ!ワン子のための相談室 BY.ネネコヴァージョン

デューイ君の苦悩の日々

☆人気ブログランキング参加中!


ご無沙汰しております、ねねこです^-^
 
本日は、『stream-navi』様よりご依頼を承りました、デューイ君のことについてお悩みであるとのコト。
 
コメントいただいた内容からでは、正確な情報が収集できないと思い、かねてより、すばらしくカッコイイブログを制作なさっておいででしたので、『stream-navi』様より伺う前に、自己学習として、改めてブログ拝見させていただきました。
 







まず、先に謝っておきたいことがひとつあります。
 
『stream-navi』様は、犬ぞりを、なさっておいでと、そうお見受けしてよろしかったでしょうか?
 
私は、勉強不足の若輩者で、本当に申し訳ないのですが、犬ぞりのことは、熟知してはおりません。
 
なので、お答えできることは、犬ぞりとは、まったく、無縁のこととなることだけは、ご了承くださいませ。
 
 
まず、私が『stream-navi』様のブログを読んでデューイ君から感じたことを申し上げます。
 
まだ7ヶ月との幼さで在住犬たちとも上手く歩調をあわせて仲良くしていることは、とても感心すべきことでした。
 
それと、家庭犬訓練ならば、満点を取れるほどの、知性も持ち合わせています。
 
やはりS・プードル(デューイ君)の繊細で決め細やかで他人を思いやり、飼い主を思う深い愛情があってこそ、訓練が成功なさったり、家庭内不和が怒らない秘訣なのでしょう。
 
そのように、深い愛情と、知性を持っているデューイ君。
 
その彼が、犬ぞりを嫌うには、何らかの理由があるはず!
 
理由無く行動する犬は、いないのです。
 
必ずどこかに、その理由が落ちているものです。
 
デューイ君は、私の見解で見た感じでは、今年の初めに、とても彼が傷つく状況があった(ブログ参照いたしました)とのコトで。
 
多分、そのことが一番大きく影響しているのだと、感じました。
 
つまり、
 
犬ぞり=恐いこと(恐怖心)、仲間から無視されること(疎外感)
  
それにより、
 
犬ぞり=嫌なこと(嫌悪感)

この図式が出来上がっているはずです。
 
なので、デューイ君の場合は、特にプードルは繊細な子が多いですし、
 
この恐怖心の克服、それによる、仲間からの信頼、自分への自信につなげて行ってあげると言う方法をとってみては如何でしょうか?
 
まずは、仲間から離して、犬ぞりは、恐くないものなのだ、犬ぞりを引けば、好いことが起こるんだよ!
 
と、
 
もう一度、初めから、優しく、教えていくことをお薦めいたします。
 
叱らない(ヒーリングスティック等使用しない)を、基本において、
褒めること、犬ぞりは楽しいんだよ!と。
 
そして、飼い主の、あなた自身が、彼への指導をイライラしながらやるのではなく、恐い顔をせずに、必ず、笑顔で、デューイががんばれば、僕も楽しいんだよ!と、心からそう思って、優しい声をかけてあげて、指導を行ってください。
 
プードルは、人の心を読むことがとても上手い犬種です。
 
飼い主の行動、一つ一つを目で見て、感じ取って、自分で考える犬種です。
 
あなたの態度ひとつで、彼の人生が決ります。

これから、犬ぞりが好きで好きでたまらなくなるか、
それとも、犬ぞりなんて見たくもないよ!となるかは
飼い主である、あなた次第です。
 
もしかすると、かなり時間がかかるかもしれません。
 
心に出来たキズと言うのは、なかなか克服することは困難です。
 
焦らず、じっくりと、腰をすえて。
 
あなたの気持ち(焦りやいらつき)は手に取るように読まれているのだと、自覚して行動してください。
 
そして、
 
人間でもそうですが、心に出来たキズと言うのは、ちょっとやそっとでは、回復しません。
 
彼は特に男の子で、今ちょうど人間で言えば思春期真っ盛りの月齢。
 
男性は、女性より、心の中(メンタルな部分)はナイーヴでデリケートです。
 
それは、犬でも同じコト。
 
それを踏まえて、心より、温かく、彼の心を、癒してあげてください。
 
彼の、前に進むための支えになってあげてください。
 
 
  
 
 
 

 
という感じでしか、お答えできませんが、よろしかったでしょうか?
 
 
 
>コールアンドフォア
 
恐怖心の克服に、一躍かう様に、仕向けてみては如何でしょうか?
 
これが出来るようになる事で、彼に自信を取り戻させていくカタチを取ってみては?
 
(これって、一人が犬の側にいて、もう一人がその犬を呼ぶことによって、犬に前進することを憶えさせるという指導のことと解釈してよろしいでしょうか?)
 
彼に、どのような形になってもいいので、前進させてあげてください。
 
フードで誘っても良いですし、きっかけは何でも良いと思います。
 
最初から、ですので、リードつきで、補助の人をつけて、初めて教える、子犬に教えるように、優しく教えてあげてください。
 
そうして、失敗しても、起こらないであげてください。
 
成功し、出来た時に、あなたが、ものすごく、とっても派手に、誰から見ても大げさだというリアクションをして、めいっぱいに、褒めてあげてください。
 
それを何度も何度も行って、彼に自信をつけてあげてください!
 
そうすれば、彼も、それに答えて言ってくれるでしょう!
 
 
 
 
このような感じでしか、私のほうからお答えするしか方法の無いことを、どうかお許しくださいませ。
 
犬ぞり云々というよりも、多分、彼の心の中の葛藤、克己心
 
犬にそのようなことを求めるのは、おかしな話だと思いますが、犬にも自分の考え、意志、いろいろな、さまざまな感情を持ちえています。
 
全部が全部、同じ方法、同じ内容で指導していくわけではないということだけは、ご理解くださいませ。
 
 
もし、これは違う、とお思いならば、私の意見はスルーしていただいても構いません。
 
私に言える事は、これ位しかないので。。。
 
本当ならば、実際にデューイ君にお会いしてみたいのですけれど、ね☆(苦笑)
 
 
今回もまた長くなッてしまった、ねねこの講義
 
『デューイ君の苦悩の日々』
 
これにて終ります。
 
ではでは~^^


本日ご相談いただきました『stream-navi』様のブログはこちらから^-^

 
 
初心者向け犬ぞり指導方法も、あるそうです。
興味のある方は参照になさってください^-^
 
初心者向け犬ぞり指導講座
[PR]
by nenekochannel | 2006-02-05 18:07 | しつけ全般
<< 初めてのお呼ばれ^-^ 小次郎君、前足カミカミ事件<その1> >>